年収ランキング

年収700万稼ぐために必要なこと! 看護師/理学療法士/作業療法士むけ

(※2019年9月6日公開)

(※2020年9月22日更新)

クマリン
現実見ろよ!って言われそうだけど、年収700万ぐらい稼ぎたいし、だけどいまいる職場ではどう考えても無理だし、、、年収も低すぎだしどうしたらいいんかな…?

 

今回はそういった疑問を解決していきます。

この記事がおススメな人

  • 年収700万ぐらい稼ぐ方法の見当がつかない
  • さすがに年収700万は無理でしょ
  • 給料安くて困っている

 

◎自己紹介

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、作業療法士で訪問看護で働いています。ブログ&YouTuber歴は1年半ほど。ブログ&YouTubeを資産化できたことで、現在は、本業以外に月50万円以上を稼ぎながら暮らしています。

 

【結論】本気で年収700万稼ぎたい人は聞いてください!! 

結論から言ってしまうと、看護師、理学療法士、作業療法士で本気で年収700万稼ぎたいなら。

➀自分自身で情報収集につとめる

➁転職サイトを利用させてもらう

➂早く行動する

 

この3点セットめっちゃ大事です。

とくに転職サイトは紹介料金がかかったりとネガティブな面があります。それは認めます。

しかし、それはただ転職エージェントに言われるがまま転職してしまっている例であって、ツールとして上手く活用できれば、自分のメリットを最大化することができます。

 

※YouTubeでも紹介しているのでよっかたら参考にしてください。

 

なぜ?転職サイトをツールとして使う必要があるのか。

結論からいってしまうと、転職サイトは特別なものではないです。

ただの情報収集ツールに過ぎないです。

つまり、年収700万ねらっていきたいなら、転職サイトをツールとして「利用してやった」ぐらいのしたたかさがないあと失敗します。

 

ニュアンス的には以下の感じですね。

転職サイトをツールとして利用

→情報収集しまくる

→誰よりも有益な求人に早く飛びつく

 

年収700万稼ぐための選択肢4つ

年収700万稼ぐパターンとしては以下の4つがあるので紹介してします。

➀:一般企業に転職

➁:独立・起業

➂:教員

➃:訪問看護

 

➀:一般企業に転職して年収700万稼ぐ 

まだ年齢が若ければ、一般企業に転職してコツコツやっていけば年収700万には十分とどきます。

ただ、異業種に転職したいのであれば「32歳までがボーダーライン」なのでそこは注意が必要です。

 

➁:独立して年収700万稼ぐ 

起業してすぐは今より年収が下がる可能性はありますが、成功すれば夢があります

明確なビジョンがあるなら目指しても良い分野だと思います

最近だと医療×ITの組み合わが人気です。

 

➂:教員を目指して年収700万稼ぐ 

正直、一番地道でかなり長い道のりです…。

教員の場合、准教授ぐらいまでなれば年収700万以上は稼ぐことができます

 

➃:訪問看護で年収700万稼ぐ 

結論、一番確実な手段は訪問看護だと思います。

事実、自分自身が訪問看護で働いていて、今の年収がだいたい600万ぐらいです。

訪問看護で年収600万稼ぐにはインセンティブの理解が必要です。

もう少し頑張らないと、年収700万には届かないですが、ねらえない範囲ではないと確信しています。

 

※訪問看護で収益をあげる仕組みについてはYouTubeでも紹介しています。

 

年収700万目指すならボーナス依存は危険

例えば、専門・認定の資格を保持していると、場所によっては手当がつきお給料UPします。

手当の金額は企業によりまちまちですが、専門は10,000円/月、認定は5,000円/月といった感じです。

ボーナスは業績に左右されますが、こういった手当は左右されないので毎月のお給料がUPします。

 

看護師なら、美容クリニックが可能性あり 

これは最近の傾向ですが美容系クリニックはお給料が高いです。

理由は、 看護師の仕事以外に、美容品の販売のインセンティブをお給料として反映してくれる企業があるからです。

 しかも、美容系の商品はひとつひとつが高額ですから、それが売れればインセンティブもなかなかのものです。

 

理学療法士、作業療法士なら訪問看護が可能性あり

実際に自分も訪問看護で働いていますが、セラピストの需要はマジで高いです。

訪問看護は需要が高いスタッフは、利用者さんの件数も多くなりますから、一件当たり4500円のインセンティブだったとしても一日6~7件訪問で年収700万はかたいです。

 

もし、年収500万でもいいなら転職の選択肢は多い

まぁ、なんだかんだいっても、やっぱり住んでいる地域によっては年収700万とか無理じゃね??

ってご意見もありますよね…、、、

そんなときには、「病院」「老健」への転職でも年収500万稼ぐほうほうもあるので紹介しておきます。

 

年収UPねらうにはこういう転職活動が必要 

例えば、これは病院で年収500万ねらえる転職提示条件なんだけど、わかりますか?

ポイント

➀基本給は低くていいから手当が充実

➁ボーナスよりも基本給にこだわる

➂福利厚生が充実

‪➃中小病院と大手病院の間ぐらいで、大人数体制でなくて少人数で昇格しやすい

‪➄残業代がちゃんと出る

⑥研修費を全額or2/3程度出してくれる

‪➆昇給率と昇格の条件を明確に教えてくれる

‪⑧病院内でのキャリアパスを明確に説明してくれる

おそらくここまで考えたことがなかなかないのではないでようか。

いくら資格があるからといってあぐらをかいていてはダメです。このぐらいは準備しましょう。

 

つぎは、訪問看護で年収700万ねらえる転職提示条件なんだけど、わかりますか?

ポイント

①1日60分訪問× 7件×21日×12ヶ月の訪問は可能か

‪②移動手段はロス削除のため自転車必須

‪③インセンティブは最低4000円以上

‪④自ら営業を行ってもいいところであればすぐに利用者が増える

‪⑤高齢化率の多い地域を狙って転職する

⑥会社のキャリアパス

正直わからんちんよね…

 

まあ、正直このあたりはその分野で働いた経験がないとわからないところだからあまり落ち込まないでほしくて、、、何がいいたいかと言うと。

だからこそ、いち早く知らない情報は取りにいって自分で行動を起こしていかないと、年収UPの転職は難しいということを伝えておきます。

 

まとめ:年収700万を視野にいれつつ努力をしよう

看護師、セラピストが年収700万以上稼ぎ出すためには普通に働いていてはけっこうムリゲーです。わかっています。

だからこそ、常に転職状況にはアンテナを張って、行動を起こしたりする必要があります。

逆に言えば、こんな感じでやっている人の方が少ないですから、きちんとした努力を重ねれば、年収UPの転職は確実に可能性がみえてきます。

 

今回は以上です。

ありがとうございました。

 

最近の投稿

-年収ランキング

Copyright© hakaseblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.