志望動機

【絶対わかりやすい!!】看護師向け、美容クリニックの志望動機の書き方。

(※2019年12月26日公開)

(※2020年10月22日更新)

 

クマリン
美容クリニックに転職しようと思うんだけど志望動機の書き方がわからないなぁ…。あと他に看護師としていい働き方があったら知りたいな

 

こんな疑問を解決します。

この記事がおススメな人

・美容クリニックの志望動機の書き方がわかる

・看護師のほかの働き方も検討してもらえる

・看護師におすすめの副業もわかる

 

◎自己紹介

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、作業療法士で訪問看護で年収600万円ほどいただけています。また副業でブログ&YouTubeを資産化できたことで、現在は、本業以外に月50万円以上を稼ぎながら暮らしています。

 

今回は、看護師むけにクリニック、美容クリニックの志望動機書の書き方について紹介をしたいと思います。

 

せっかくなので働きかたを見直してみませんか?

自分は作業療法士のhayatoといいまして。

>>プロフィール

訪問看護で働きながら副業でブログ、YouTubeも全てやっています(笑)

 

訪問看護への転職はバブるに波乗りできたので、年収1.5倍になりましたし、ホントにタイミングがよかったと思います。

いまは将来を見越して副業に挑戦して今ではブログ月収50万、YouTube月収10万ぐらいは稼げています。

 

今の時代にあった医療職の転職は年収UPも重要ですが。

・個人の働き方を求めて訪問看護で週3回勤務にして年収400万稼ぐとか。

・副業OKなところに転職するとか。

そういった内容がわりと重要かなと考えています。

 

話しがそれてしまい申し訳ありません。

では本題にはいっていきます。

 

美容クリニックに転職しようと思うきっかけは?

おおくの看護師は、20はとにかく経験。30は結婚、出産、子育て。

 

ライフスタイルの変化にともなって大きな病院からクリニックへ転職を考えるひとがおおいのではないでしょうか?

                          

そういった動きは、特に、結婚したあとや子育てをしながら働く方や病院を引退された方に注目されています。

 

YouTubeでも紹介しています。

 

なぜ美容クリニックに転職するのか? 

一番大きな理由はやはり子育てではないでようか?

子育てをしながら、病院で働くのはなにかと弊害があり、大変です。

 

クリニックだと、

・残業がすくない

・有休の調整がしやすい

・子供の用事があtっても多少時間を考慮してくれる

 

こんな感じの利点があるので、クリニック、美容クリニックはいまとても注目される求人になっています

 

美容クリニックの志望動機の組み立てかた 

そんなクリニック、美容クリニックに転職を考えたときに、病院への転職のときと同様に志望動機、履歴書を書く必要があります

 

そこで、今回は志望動機の書き方に焦点をあてて、いくつかのテクニックを紹介していきます

 

テクニックといっても一番大事なことは以下の3つなので、サクッと覚えちゃってください。

ポイント

1.結論からかく

2.具体例をかく

3.したいことをかく

 

1.結論から書く

志望動機の文章の組み立て方のコツで1番大事なことは『結論』を先に書きます

結論から先に書くことで自分の言いたいことを簡潔にあいてに伝えられます

 

2.具体例を書く

結論を書いたら、次その結論に対しての理由を具体的に書いていきます

ここは何か文章を参考にするよりは自分なりのストーリーをしっかりと考えて書く方が説得力が増します

 

3.したいことを書く

条件面のことを書くのは基本NGです!!

入職後にどんなことをしたいのか。どんなスキルを活かしたいと思っているのかを書くといいでしょう。

 

美容クリニックの志望動機の書き方ポイント 

美容クリニックの志望動機をかくときのポイントもいくつかまとめたので参考にしてください。

話し言葉はNG

・応募先の情報をいれる

主観的な書き方はNG

・積極的な働く姿勢

・あなたらしい体験や経験をかく

・条件面がよくてもそれは書かない

誰でも書ける内容はNG

・文章は完結に

・自分なら会ってみたい人物像を想像してかく

 

美容クリニックの転職志望動機の参考例 

クリニック、美容クリニックの志望動機の例文を紹介していきます。

クリニックの志望動機 

【例文】

 これまでICU、消化器内科、循環器内科と幅広い疾患を学んでまいりました。病棟では患者の健康状態や服薬などが管理されており、また患者と接する期間が短いため、なかなか患者の普段の姿が見えないと感じていました。

 クリニックを志望したのは、より患者に近い場所で、地域に根差した看護がしたいと考えたためです。特に貴院は長年にわたり○○地域で医療を提供しており、継続的に患者を支えられる環境であり、患者を第一に考える理念にも共感します。患者の生活指導などには私の経験も大いに活かせると感じました。

 今後は患者が安心して通院し続けていただけるよう自身の学びを深め、貴院の発展に貢献してまいります。

 

美容皮膚科・美容外科クリニックの志望動機 

【例文】

 これまで急性期病棟にて3年間、疾患を治療するための看護業務に携わりました。次なるステップとしてはもとより興味を抱いていた、患者様の人生をより豊かに明るくできる「美容」の分野から、看護師としての仕事の幅を新たに広げていきたいと考えています。

 貴院を志望したのは、スタッフの方々が患者様と真摯に向き合う姿勢をみて、プロ意識の高さを感じたためです。私も人と話をすることが好きな性格を活かし、お悩みに共感したり、努力を応援したり、心に寄り添ったケアを提供できるような看護師になりたいと思います。未経験ではありますが、専門的な知識や技術、接遇などをできるかぎり早く身につけ、貴院に貢献いたします。

 

参考URL:

https://iryo-de-hatarako.net/contents/shiboudouki/

https://nurseful.jp/guide/article/manual03/reasons/

http://nurse-trouble.com/nurse-career-change-aspiring-motive-clinic/

 

じっさいに合格した志望動機4つ公開!! 

実際に、クリニック、美容クリニックの志望動機で転職活動が成功した例文を紹介していきます。

【例文】

 5年間に渡り透析クリニックで看護に従事してまいりました。 新たな知識や技術を学んでスキルアップをしたいと思い、糖尿病内科や腎臓内科など、専門性を活かした外来診察も行っている貴院を志望いたしました。今までの経験を活かしながら、専門性を深める看護を行っていきたいと思います。

 

【例文】

 今後の看護師としてのキャリアを考えた際に、以前に携わったことのある内視鏡の介助の分野でさらに経験を深めたいと思うようになりました。 そこで、症例数が豊富で専門性の高い貴院にて看護スキルを積みたいと思い、志望させていただきました。

 何事も積極的に学びながら、内視鏡介助のプロとして貢献したいと思います。

 

【例文】

 病棟などでの経験から、忙しく受診出来ずにいたり、少しくらいなら大丈夫だろうと思っている方に、定期検診の大切さを啓蒙したいと思うようになりました。 貴院はきめ細やかな検診を行っており、異常が見つかった場合にも各分野の専門医を受診できる体制が整っていることに魅力を感じ、応募いたしました。

 自覚症状が出る前なら早期発見に繋がる事、早期に治療を開始する事で肉体的にも精神的にも負担が少なくて済む事などを伝えていきながら、安心して受診していただくためのサポートを行いたいと思います。

 

【例文】

 私は美容に対して人一倍興味があります。 しかし、美容治療は痛みを伴うとの先入観から、興味がありながらも敬遠していました。

 貴院は、切らずに美容治療を行うという徹底した方針のもと施術を行っているため、患者様も安心感があると思います。 これまで諦めていたという方にも安心して綺麗になっていただくためのお手伝いをさせていただきたく、志望させていただきました。

 

美容クリニックの転職では何が悩み?? 

美容クリニックって勝手にですが、華やかなイメージを自分はもっています。

 

転職はいがいとポジティブかなと思いつつも、悩みはあるみたいなので、紹介していきたいと思います。

 

看護師Aさん、30歳、女性、病棟勤務

悩み:

 看護師7年目です。今年の3月で今の病院を辞めて、美容クリニックに転職したいと考えています。

 私は入職してからずっと小児科で勤務してきました。美容外科、美容皮膚科は未経験になりますが、以前から美容医療に興味を持っていたことと、自身が美容クリニックに受診したとき、長年のコンプレックスから解消される喜びを感じました。その為、資格を活かして美容の手伝いに携わることがしたいと思いました。

 外科や皮膚科、手術室が未経験であるため、これと言った強みがなく、上記のような志望動機だけでは就職できるのか疑問です。

 美容整形外科に勤めている関係者の方、おりましたら教えて下さい。

回答:

 はじめまして。看護師暦18年(手術室暦14年美容形成もあり)しています。小児科から美容外科をやってみたいということですが。

 十分な志望動機だと思います。

 患者さんの気持ちが分かる、コンプレックス・術前恐怖・不安など共感できる良い看護師になれると思います。

 手術室経験者(某HP手術室責任者しています)から言わせてもらえば、初心を貫く、常に向上心などのやる気があればかならず目標に近づけます。

あなたの努力にかかかっています。

器械・術方法・患者ケア・モニターリング(読む能力)・リスクマネージメント・

などなど勉強することがいっぱいありますが、楽しいですよ。

手術室は独特であり閉鎖的ですが、全ての科が共存している所ですので勉強になります。

陰ながら応援していますし、相談も出来る範囲でしますよ。

がんばってください。

参考URL:

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1053179255?fr=sc_scdd&__ysp=55yL6K235birIOi7ouiBtyDlv5fmnJvli5XmqZ8g44Kv44Oq44OL44OD44Kv

 

もしまだ転職活動の検討が可能ならこういったのはどうですか?

美容クリニックで確実にけっていしているなら流しちゃってください。

 

看護師であれば美容クリニックでなくても、病院、老健、訪問看護でそれぞれ年収500万~600万ぐらいであればねらえたりします。

 

参考程度にのせさせてもらうので、よかったら参考にしてください↓

 

その①:病院てんしょくで年収500万

ポイント

➀基本給は低くていいから手当が充実している

➁ボーナスよりも基本給は高い

➂福利厚生が充実している

‪➃中小病院と大手病院の間ぐらいで、大人数体制でなくて少人数で昇格しやすい

‪➄残業代がちゃんと出る

⑥研修費を全額or2/3程度出してくれる

‪➆昇給率と昇格の条件を明確に教えてくれる

‪⑧病院内でのキャリアパスを明確に説明してくれる 

>>病院転職で年収500万にUPさせる方法

 

その②:訪問看護てんしょくで年収600万

ポイント

①1日60分訪問× 7件×21日×12ヶ月の訪問は可能か

‪②移動手段はロス削除のため自転車必須

‪③インセンティブは最低4000円以上出してくれるか

‪④自ら営業を行ってもいいところであればすぐに利用者が増える

‪⑤高齢化率の多い地域に出店できているか

⑥会社のキャリアパスは明確か?(管理者になれるなど) 

>>訪問看護で年収600万稼ぎだす転職の方法

 

その➂:老健転職てんしょくで年収500万

ポイント

➀どういった加算をとっているか確認

➁入所以外に、通所、訪問リハなどの事業展開もしているか

➂ベッド回転率はどのぐらいか

➃昇給率、昇格の条件が明確か

➄他職種で連携をとるためにどういったカンファレンス等をしているか

➅医療職でも事務長、施設長などを目指せるか

>>老健転職で年収500万たたき出す方法

 

このあたりの確認事項は最低確認しておきましょう。

自分で難しければ「転職サイトを利用してやる!」

無料で使えるものはどんどん使っていきましょう。

 

まとめ:合わせて副業はどうですか。

こんかいは看護師(Ns)向けにクリニック、美容クリニックの志望動機の書き方についてを紹介しました。

 

もし転職活動が一通りおわって落ち着いたら副業にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

 

働き方改革もすすんでいるので資格で働くのもいいですが、保険として副収入を作っておくのも賢いやり方ですよ。

 

 

今回は以上です。

ありがとうございました。

 

関連記事

1,履歴書について

霊長類最強の転職履歴書の作り方!!看護師(Ns)/理学療法士(PT)/作業療法士(OT)向け

ptot人材バンクで求められる職務経歴書の書き方。理学療法士(PT)/作業療法士(OT)向け

一番簡潔に教えます!!看護師(Ns)/理学療法士(PT)/作業療法士(OT)転職時の履歴書/志望動機の書き方とポイント

 

2,志望動機について

一番簡潔に教えます!!看護師(Ns)/理学療法士(PT)/作業療法士(OT)転職時の履歴書/志望動機の書き方とポイント

 

3,転職面接について

これだけ見ておけばとりあえずok!転職時の面接の質問内容について。看護師(Ns)/理学療法士(PT)/作業療法士(OT)向け

理学療法士(PT)/作業療法士(OT)/看護師(Ns)が転職の面接時に気をつけること5選!

 

 

最近の投稿

-志望動機

Copyright© hakaseblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.