転職

決めた!!エステティシャンに転職しよう。看護師(Ns)向け

(※2020年3月26日公開)

(※2020年3月26日更新)

 

クマリン
あ~、もう看護師の仕事無理。夜勤辛いし、師長からはあれやれ、これやれ!って指示されるし、自分で動けよ!!(心の声)。もうこんなんなら夜勤とかなくて、自分の腕で稼げるエステティシャンを目指したい!! 今回はそういった疑問に答えていくよ!

 

この記事がおススメな人

  • 一般企業への転職も視野にいれている
  • エステティシャンへの転職を考えたい

 

なぜ看護師からエステティシャンに転職?? 

なぜ看護師という資格があるのに、エステティシャンに転職したいと思うひとがいるのでしょうか?

 

それはどうやら、看護師の過酷な医療現場が関係しているようです、、、

 

・美容業界にはない緊迫した空気

・死を看取るつらさ

・サービス残業はあたりまえ

・肉体労働に給料が見合ってない

・夜勤がマジキツイ

 

たぶん、上げたらきりがないでしょう

 

こういった過酷な医療現場で働く看護師の中には、たまの休日で美容院やエステなどに通って、非日常を過ごしていると、「あっ!!こんな素敵な雰囲気で働けたら最高」って思うひとも少なくないはずです

 

そういったことから本気で看護師からエステティシャンへの転職を考えるひとも中にはいます

 

看護師からエステティシャンになるとどんなメリットがあるの?? 

 

ポイント

➀化粧品が安く手に入る

➁綺麗になる知識が身に着く

➂美意識が高くなる

 

➀化粧品が安く買える

 

エステサロンで働くメリットとして化粧品やエステを社員割引で購入することが出来ます

 

このあたりは女性としてはかなりポイントが高い部分ではないでしょうか

 

➁綺麗になる知識が身につく

 

看護師の医療現場と違って、取り扱うサービスが「美容」になるので、美容にかんする知識や技術というのは自然にみについていきます

 

➂美意識が高くなる

 

基本的にエステサロン来るお客様は、美意識が高い人がおおいです。

 

そのお客様に見られる仕事をするなかで、自然と然と自分自身も綺麗にならないと!といったリミッターが働き美意識たかくなっていきます

 

看護師からエステティシャンになるとどんなデメリットがあるの?? 

 

ポイント

➀年収減るのは覚悟する

➁ノルマ制度あり

➂サービス残業は病院と一緒

 

➀年収減るのは覚悟する

 

これはマジで覚悟する必要があります

 

雇われのエステティシャンは年収200万が一般的です

 

看護師をやっていれば、女性の一人暮らしでも十分にやっていける経済力を手に入れられますが、エステティシャンだとそうはいかないです…

 

いずれお店を出したい目標があれば別ですが、このあたりはよく考えましょう

 

➁ノルマ制度あり

 

アパレル業界とかと同じように、エステティシャン業界でも、お客様に化粧品やサプリなどを販売することが求められます

 

営業スキルがない人は正直キツイですし、ノルマ達成できない場合は自腹買取ということもあるので、そうなると完全ブラックです…

 

➂サービス残業は病院と一緒

 

サービス残業がなさそうだから看護師からエステティシャンに転職したいという人がいますが、

 

その考え方は、エステティシャンとして働いたら見事に打ち破られます…

 

エステティシャンは美容のスペシャリストですから日々お客様の対応がおわったあとにお店に残って練習をしている人が多くいるのは普通なことです

 

エステティシャンになりたい看護師さんからのQ&A 

 

ポイント

➀長く働けるの?

➁収入UPはいずれ可能?

➂需要はある業界なの?

 

➀長く働けるの?

 

結論から言うと、エステティシャンは、長く働ける仕事です

 

理由は、現場である程度経験を積んだら、自分でお店を出すこともできますし、店長としてマネジメントすることも可能です

 

➁収入UPはいずれ可能?

 

看護師でも同じですが、着実にキャリアをつんで、自分の固定のお客さんがついてくると若くても年収800万~1000万とかも可能になってきます

 

➂需要のある業界なの?

 

看護業界と同じで需要はかなりあります。

お客さんの需要に対して、エステティシャンの人材供給が足りていないことが要因です

 

看護師より楽そうで転職するのは危険!? h2

 

ポイント

➀確実に年収は下がる

➁営業のスキルも必要

➂異業種ということを理解する

 

➀確実に年収は下がる

 

さきほども紹介しましたが、看護師時代より確実に年収は下がります。

 

それでも挑戦したいという熱い覚悟が必要です。なんとなく楽そうだからは失敗します

 

➁営業のスキルも必要

 

病棟勤務時代には必要なかった営業スキル。

 

これがやってみるとけっこう大変で、最初のうちは自分が紹介した商品なんて全く売れません

 

・なぜ売れないのか?

・売るためにはどういった接客が必要なのか?

 

こういったことを考えながら、改善していける人がエステティシャンとして成長します

 

➂異業種ということを理解する

 

例えば看護師が美容関係で働こうと思ったら、美容クリニックがあります

 

いまで言うと、

「アリシアクリニック」

「湘南美容外科クリニック」

なんかが有名です

 

看護師資格があればできるでしょ!?

 

なんて思っていると痛い目をみるので、まずは自分自身の目で実際に確かめてみることが必要です

 

まとめ 

 

今回は、看護師(Ns)向けに

エステティシャンに転職

について紹介しました

 

エステティシャンへの転職もいいですが、もう一度自分の働きかたを見直して、エステティシャンで勝負してみるのか、医療職でキャリアを積んでいくのか考えてみるいい機会かもしれません

 

看護師にオススメの転職サイト↓

現役の看護師(Ns)250人が選んだ転職サイトおすすめ5選!!

 

関連記事

転職

最近の投稿

-転職

Copyright© hakaseblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.