給料

退職金高すぎ!公務員の給料がおススメ。看護師、理学療法士、作業療法士向け

(公開日:2020/5/25)

(更新日:2020/5/25)

 

クマリン
昔から公務員の看護師、理学療法士、作業療法士の給料って安定していると言われているけど今でもメリットがあるのかな 

 

今回はそういった疑問に答えていくよ。

 

この記事がおススメな人

・医療職の公務員の給料が知りたい

・公務員のメリットを知りたい

・本当に公務員は安定しているのか知りたい

 

公務員(看護師、理学療法士、作業療法士)は、長く勤めるとメリットがある 

 

 

はっきり言って公務員(看護師、理学療法士、作業療法士)の給料って低いんだよね…。

 

だけど、公務員のいいところは40歳過ぎると、とたんに民間病院に勤めている看護師、理学療法士、作業療法士と比べてと給与が逆転してきます。

 

公務員看護師、理学療法士、作業療法士は基本給が高いんだけど…

 

手当が民間病院なんかに比べると低いのが原因かな、、、

 

たとえば、経験年数6年目で公務員看護師に転職した看護師の場合は、前職に比べて給与は2万円程度低くなったっていう話も聞くから良し悪しだよね

 

でも、基本給高いってことは必然的にボーナスも高くなるからこのあたりは最高だよね。

 

公務員(看護師、理学療法士、作業療法士)になる4つのメリット 

 

 

ポイント

1.高収入

2.安定している

3.休日多い

4.福利厚生が充実

 

1.高収入

 

さきほども説明したように公務員の給料・年収は年齢を追うごとにたかくなります。

 

しかも、昇給率も高いです。

 

つまり、新卒のうちは民間病院の給料に抜かれていることがほとんどですが、10年後は公務員員のほうが給料が高くなっています。

 

これは、公務員の昇給率が高いからです。公務員は長く勤めれば勤めるほど、着実に給料がアップしていきます。

 

2.安定している

 

公務員は、安定性が抜群です。

 

昔からそうですけど、公務員の人気の理由は、なんといってもその安定性ですよね。

 

最近では病院の倒産・閉院も珍しくありませんので、突然無職になってしまう可能性もあります。

 

でも、公務員ならよほどの法律違反を犯さない限り、無職になることはありません。

 

公務員+看護師、理学療法士、作業療法士は、現代の日本で最も安定性のある仕事と言えます。

 

3.休日が多い

 

公務員は休日が多めです。

 

公務員になると普通の休日だけで、125~130日もあります。

 

4週8休+祝日、夏季休暇、年末年始休暇が休日ですから、しっかり休むことができ、オンオフの切り替えをしながら働けます。

 

4.福利厚生が充実

 

公務員看護師は、福利厚生が整っています。

 

公務員は育児休暇が最長3年取れます。

 

時短勤務制度も使えるところが多いですね。

 

また、住宅手当などの各種手当が充実していますし、退職金や年金もほかの職場に比べるとたっぷりもらえます。

 

公務員の職場は、長く働ける環境が整っています。

 

公務員(看護師、理学療法士、作業療法士)の給料について 

 

ここからは公務員(看護師、理学療法士、作業療法士)の年収、給料のあれこれについて紹介していくよ。

 

公務員の初任給 

 

全地方公共団体    14万8477円

都道府県              16万2850円

政令指定都市  18万1300円

市       15万1284円

町村      14万5258円

特別区       20万8539円

 

※ここでの記載は手当などを含まない基本給です。

 

公務員の平均月収 

 

全地方公共団体    30万7,695円       

都道府県                 32万4,180円       

市                 31万4,720円       

町村            29万0,400円       

特別区        32万7,192円       

 

※ここでの記載は手当などを含まない基本給です。

 

公務員の平均年収 

 

全地方公共団体    518万5,345円     

都道府県                 535万4,340円     

市                 524万3,420円     

町村            498万2,700円     

特別区        512万4,822円     

 

※ここでの記載は手当を含んだ平均です。

 

公務員のボーナス 

 

ボーナス平均額    146万1583円

支給ヶ月                 4.55ヶ月

 

20代平均ボーナス額 85万2177円

30代平均ボーナス額 121万9119円

40代平均ボーナス額 154万8746円

50代平均ボーナス額 171万5771円

60代平均ボーナス額 176万4098円

 

公務員の退職金 

 

結論から言いますと、だいたい2,000~2300万円くらいです。

 

退職金=支給月数×退職時の月額基本給

 

「支給月数」は勤続年数によって決められており、勤続年数35年で上限の47.709ヶ月分となっています。

 

要するに定年が60歳の場合、25歳までに公務員になっていれば上限の47.709ヶ月分、退職金がもらえることになります。

 

公務員の生涯年収 

 

2億2829万8021円

+退職金2246万9031円

=2億5076万7052円       

 

まぁ全体的に見ても、公務員(看護師、理学療法士、作業療法士)は年齢を重ねれば確実にお給料、年収が上がっていくからデメリットの方がすくないよね。

 

安定した収入がほしい、お休みがたくさん欲しいっていう方にはおススメかな。

 

実際に、公務員で働いているスタッフはどうなのか? 

 

 

公務員看護師

 

例えば、この看護師さんは6年間、公務員看護師として病院に勤務していたときの年収とかメリットを紹介しています。

 

サイトから抜粋↓

◎年収について

当時の年収は500万程度で、給与は基本給25万、手当がついて手取り26万円程度でした。

その後4年程度働き、経験年数10年目で年収は550万程度でした。(残業はほぼなし)

 

◎夜勤について

夜勤手当は、8回して、12000円でした。

これには正直、驚きました(笑)。1回分の間違いかと思いましたが、違います。

準夜、深夜各4回ずつの月の夜勤手当です。単純計算で1回の準深夜勤務の夜勤手当は3000円程度ですね。

これには驚愕。これなら、夜勤やらないほうがマシですよね。

 

参考サイト:

https://andcareer.co.jp/public-nurse/

 

公務員理学療法士、作業療法士

 

公務員理学療法士、作業療法士の場合は、民間病院に比べても明らかに昇給率がよくて、長く働くことで年収もアップするもようです。

 

以下、サイトから抜粋↓

初任給は大体300~350万ほどです。大卒か専卒で10~20万ほど違います。基本給が大体18万前後で手当てが付きます。

 

1年目は民間病院などより年収は多少低いですが、昇給額が大きいです。

 

就職先によって多少変わりますが、基本給が年7~8000円前後で昇給し昇給試験などで昇格すれば更に1万前半ほど上がります。

 

私立病院だと昇給額は大体2000円前後で500円って所も実際にあります。

 

理学療法士は今後需要があると言っても、養成校の乱立・有資格者数の激増、医療・介護保険の財源不足、診療報酬の削減などなどで

 

今後、理学療法士の待遇が給与に反映され改善されていく見込みは非常に薄いです。

 

ちなみに、私はもうすぐ5年目で年収500万ほどですが、同じ年に就職した同期の方たちと比べると待遇はかなり良い方です。

 

参考サイト:

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11126770611

 

登録は3分、公務員の安定給料!  

 

 

とにかく、

看護師、理学療法士、作業療法士向けの

転職サイトの一番の利点は簡便性かな!

 

最近は公務員の求人紹介も転職サイト

経由であったりするし、

 

どの転職サイトも、資格、氏名、連絡先

あたりをいれればそれで仮登録は完了

だから、すげー簡単。

 

もし、本登録に移って、エージェントと

やりとりをして、やっぱり今は転職の

時期でないな!と思えば、辞めても

無料だし全く問題ないと思う。

 

そこで良い求人に出会えれば、年収500万

年収600万、年収700万に一気に近づくし

試してみる価値はあるよね!

 

看護師にオススメの転職サイト↓

 

最近の投稿

-給料

Copyright© hakaseblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.