医療News

【Why? Rich?】美容クリニックの看護師の給料が高い理由とは…

(※2021年1月25日公開)

(※2021年1月25日更新)

クマリン
給料が高いイメージから看護師に人気がある美容クリニックの仕事。でも報奨金のシステムや、夜勤手当がない点など、たくさんあってわからないところだらけ… 誰か教えて。

 

今回は、こういった疑問を解決していきます。

 

今回の記事をおススメする人

・美容クリニックが高給な理由

・報奨金って?

・夜勤ないのに何で給料いいの?

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、作業療法士で訪問看護ではたらいています。 訪問看護に転職しておかげで年収600万たっせいすることができたので、現在は満足した生活をおくっています。   

 

美容クリニックの看護師の給料が平均的にたかい理由

キャリアアップ

結論から言うと、自由診療だからです。

 

看護師のみなさんが勤務している大半のところが介護保険、医療保険からの給料。いわゆる診療報酬点数で給料が決まられてしまっていることがほとんどですが…

 

美容クリニックの運営は医療保険の適用から外れているため、お客様に提供するサービスや商品の価格を、美容クリニックが自由に決めることができます。

 

つまり、医療報酬が固定されている一般の病院よりもサービス内容や商品の設計により事業所の収益が大きく変化するのが特徴。

 

結果、美容クリニックの収益がよくなるほど、看護師にも基本給や一般的な手当以外に、報奨金や指名料などの個人の努力や貢献度によって支給される歩合給なども高額になるという仕組みなんですね。

 

【病院との決定的なちがい!?】 美容クリニックの報奨金制度 

おすすめ

給料において一般的な病院の看護師と一番違うのは、なんといっても「報奨金」の存在です。

 

報奨金は、その月の美容クリニックの売り上げの一部を看護師に還元するもので、業績が良ければよいほど、報奨金も上がる仕組みになっている美容クリニックが数多くあります。

 

そのため美容クリニックでは、スタッフ一丸となって売り上げを伸ばすために、お客様に満足していただける接遇や施術など、質の高いサービスの提供に尽力しています。

 

頑張れば頑張るほど給料が上がるということは、一般的な病院ではありえないことですし、働くモチベーションも変わってきます。

 

美容クリニックならではのノルマと指名について 

どうやって使うか

一般的な病院には無い、美容クリニックならではの報酬制度として、「指名料」と「販売ノルマ」による歩合給があります。

 

中には、基本給は一般的な病院と変わらなくても、指名料や販売ノルマによる歩合給を含めることで、月給やボーナスが高くなっている美容クリニックもあります。

 

また、このような指名料や販売ノルマによる歩合給は、全ての美容クリニックにあるわけではありません。

 

もちろん、歩合給制度がなくでも、基本給そのものが高く報奨金も出る美容クリニックもあります。

 

歩合給の有無や、基本給とのバランスは、それぞれの美容クリニックで違うので、実際に問い合わせて情報収集していく必要があります…

 

このような場合、転職サイトを利用することも一つの手で、様々な事業所の細かい条件を一括して教えてもらうことができて、自分で探すよりも簡単に比較検討ができるのでわりとオススメ。

 

美容クリニックにつよい転職支援サービスでは以下が代表的。

・看護のお仕事.com

全国各地に支店があるためどこに住んでいても対応してくれるのが嬉しいところ。しかも、『サービス、コンサルタントの対応、もう一度使いたい部門』で3冠に輝いているので間違いなし!

 

美容クリニックの指名制度について 

転職サイト、サポート

一部の美容クリニックで、お客様が看護師を選択できる指名制度を、導入しているところがあります。

 

自分が望む施術やアドバイス、気持ちのよい対応、相性などから、気に入った看護師に担当してもらいたいということは、お客様の当然の権利です。

 

そんなお客様の気持ちと権利に応える制度が指名制度で、お客様は自分が気に入った看護師に対して、施術料とは別に指名料を支払います。

 

その指名料が、指名された看護師の給料にも反映される給与制度なので、より多くのお客様に気に入っていただければ、それだけ給料も上がります。

 

美容クリニックの販売ノルマについて 

数多くの美容クリニックでは、ドクターズコスメや美顔器などの販売も行っています。

 

待合室に商品を陳列して、お客様から求められれば、販売するという美容クリニックもあれば、術後のアフターケア用の商品を患者さまにオススメし、積極的に販売する美容クリニックもあります。

 

ドクターズコスメや美顔器などの販売に積極的な美容クリニックでは、看護師にも販売ノルマが課せられるところもあり、ノルマの達成率や販売数に応じた歩合給が給料に反映される仕組みです。

 

特にドクターズコスメは原価が低く、売れば売るほど美容クリニックの業績も上がりますし、販売ノルマが無い美容クリニックだとしても看護師に報奨金が出しやすくなります。

 

美容クリニックではビジネスの視点が必要? 

このような営業的な業務について、看護師の本分からずれていると感じる人もいるかもしれません。

 

しかし、美容クリニックで提供する医療サービスは、自由診療ですので、国からの報酬や助成金は入ってきません。

 

そのため、お客様からお支払いいただくお金だけで、看護師のみならず、スタッフ全員の給与も決まります。

 

つまり、ケアをすればお金が入ってくる介護・医療保険分野とは一線を置くべきで、美容に関して質の高いサービスを提供するといった覚悟が必要です。

 

美容外科と美容皮膚科での給料の違い 

一口に美容クリニックといっても、美容皮膚科と美容整形外科では、給料も変わってきます。

 

理由としては、外科手術の有無。

 

美容整形外科は、その名の通り外科的手術の介助が中心となるので、手術室での経験が必要になりますし、また、美容皮膚科で行う施術よりも、外科的手術は患者が支払う金額も大きくなります。

 

そのため、スキル面と提供するサービスの価格が高い、美容整形外科は美容皮膚科よりも、一般的に給料が高くなる傾向といった感じになります。

 

パートやアルバイトとして、美容外科・皮膚科クリニックで働く 

美容クリニックに興味はあるけれど、いきなり正社員になることに不安を覚えるもいるでしょう。

 

そういう場合には、一度パート・アルバイトとして美容クリニックで働いてみるのもひとつの手かもしれません。

 

そもそも、美容クリニックの求人は、その給料と待遇のよさから看護師に人気があるため、採用側も、いきなり正社員として雇用するのではなく一定のパート雇用期間を設けているところも少なくありません。

 

また、美容クリニックのパート・アルバイトの時給は正社員と同様、一般的な病院よりも500円から1000円ほど高く設定されています。

 

さらに、ドクターズコスメの販売数が多く、患者さまからの指名があれば、その分時給がアップしたり、給料に追加加算されたりします。

 

自分の努力次第では、パート・アルバイトでも、給料をアップすることが出来ますし、看護師のまま正社員を目指すことも可能です。

 

パート・アルバイトの給与体系や待遇については、その美容クリニックによって大きく違いがありますので、転職エージェントに相談して確認することをオススメします。

 

美容クリニックにつよい転職支援サービスでは以下が代表的。

・看護のお仕事.com

全国各地に支店があるためどこに住んでいても対応してくれるのが嬉しいところ。しかも、『サービス、コンサルタントの対応、もう一度使いたい部門』で3冠に輝いているので間違いなし!

 

まとめ:美容クリニック転職はちゃんと準備しよう

まとめ

美容クリニックに転職したいと思ったら、ふつうに病院、施設とかに転職するのとはちょっと味が違うから注意が必要。

 

看護師の資格をもっているから受ける!はマジで危険です…

 

まずは志望動機とかから、ちゃんと練り直してみましょう。

 

今回は以上です。

ありがとうございました。

    -医療News

    Copyright© hakaseblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.